4月の投句箱

2018年4月のお題「桜」一切
桜に関した季題でしたら、何でもオーケーです!

今回の選者

田丸千種(たまる ちぐさ)
田丸千種のアイコン
日本伝統俳句協会本部講師 俳歴30年
第26回日本伝統俳句協会賞受賞
句集『ブルーノート』で与謝蕪村賞奨励賞

特選1

花吹雪箏の譜面の舞ひ上がりモペット

選評

花時の公園に置かれた仮設舞台。思わぬ突風に落花が舞い、譜面までもさらわれてしまう。
「舞い上がり」の止め方がいい。読者までも観客のひとりとなって、譜面のゆき先を目で追ってしまう。花吹雪と箏の雅な世界の中で、うつつの人間達が慌てふためいている様子がユーモラス。

特選2

御衣黄や女嫌ひの男の子比々き

選評

御衣黄(ぎょいこう)はご存知の方も多いだろうが、緑の花びらを持つ桜。その満開の姿は、力強い華やぎが感じられる。女嫌いは事実なのか本心の裏返しなのか。感じやすい年頃の少年を、桜ながら紅を持たぬ御衣黄に語らせているところが、逆説を含んで心憎い詠みっぷり。

特選3

アトリエに花冷のロッキングチェアー杏樹

選評

作者自身のアトリエかもしれないが、一句の印象は、使う人のいないアトリエを想像させる。もはや人の体温は感じられぬ空間に、なほ主がいるがごとくに置かれたままのロッキングチェアー。「花冷」という季題にたくさんの片仮名を取り合わせて、甘すぎない洒落た雰囲気が表現されている。

今月の気になる1句

魂のかたちで揺れし花筏
「魂のかたち」……、言葉にするのは簡単だが、その姿を思い浮かべようとすると形をなさない。つまり水に移ろうばかりの花筏がそれであるというのだろう。そんな把握には魅力を感じたが、如何せん「桜」と「魂」には、つきすぎの匂いが……。やや観念に傾いてしまった感があって、残念ながらごめんなさいでした。

佳作

 

ぱちぱちと弾く篝や宵桜雅奇
鳥達のどこへ宿るや花の雨野原早織
玄室を花のひとひら石舞台銀雨
初花や去年の日記読み返し平和翁
夜桜や祖父母仲良くしてゐたり中原太郎
一枝は湖水へ向ふ櫻かな綉綉
花の窓老いたる猫の一つゐてねこまねき
いっせいに亀の目光る花の昼MAY
一風に散りきらんとし桜散る風来
思ひ出に袖を通すや花衣おぼろ月
一杯のコーヒー庭の朝ざくらしづ女
隧道を出て来る花の疎水船桔梗
ぐづぐづと恙ふはりと落花かなきゆみ
楽団の黒き背に背に飛花落花赤猫
桜散る窯場の屋根は苔むしてdragon

選者吟

花冷や頬に掌をあて観世音千種

Web投句箱への投句はこちらから

今月のweb投句はこちらのページで募集しています。
ふるってご参加ください。